さばいばりずむ

資本主義社会で生き残るためにAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、来るべき世界の終末に備えて山や川に行ってます。

【登山】憧れの槍ヶ岳へ 後編(北アルプス)

07/13(金)~07/15(日)の3日間で北アルプス槍ヶ岳に行って来ました。初日に殺生ヒュッテを目指すも、思いの外に遠く… 道中で不意の野営となりましたが、2日目はいよいよ、槍ヶ岳山頂を目指します。

2018_0714_11400000

前編の記事はこちら。

いざ!槍ヶ岳へ!

4時過ぎくらいに目を覚ますも、相変わらずシェルターの中でグダグダ。。辺りは明るくなってますが、まだ太陽は山に隠れてます。ゆっくりと出発の準備を進め、太陽が見えたら出発です。

2018_0714_06053000

【2日目】

07/14(土)

  • 06:05発 幕営地点
  • 08:55着 殺生ヒュッテ
  • 09:30発 殺生ヒュッテ
  • 10:21通 槍ヶ岳山荘
  • 10:50着 槍ヶ岳山頂
  • 11:05発 槍ヶ岳山頂
  • 11:26着 槍ヶ岳山荘
  • 12:03発 槍ヶ岳山荘
  • 12:30着 殺生ヒュッテ
  • 13:05発 殺生ヒュッテ
  • 14:50着 幕営地点
  • 15:00発 幕営地点
  • 16:55通 槍沢ロッジ
  • 18:20着 横尾山荘

殺生ヒュッテを目指して出発

まずは昨日、辿り着けなかった殺生ヒュッテを目指します。

2018_0714_06045000

名前の判らない花。高山植物は繊細そうで綺麗です。朝晩はすこし寒かったですが、太陽が昇ると気温も上がり、活力が湧いてきます。数十分後には灼熱の登山になる訳ですが… 太陽は偉大です。

2018_0714_06105600

本日も快晴。緑が目に染みます。絶好の登山日和です。

2018_0714_07005600

1時間ちょっと登ると雪渓を渡る箇所が出てきました。踏み固められているので特に危険はありません。

2018_0714_07182200

とは言っても、滑ったら結構な距離を落ちていきそうです。

2018_0714_07191900

やっと見えた槍ヶ岳

幕営地点を出発し、雪渓を渡り、太陽の陽射しに焼かれながらも、息絶え絶えで脚を進めます。早くも疲れが出始めた頃、不意にハイマツ帯を抜けると… 見えた!

2018_0714_07211500

槍が姿を現しました!俄然、テンションが上がってきます。ここまで長かった… 真っ青な空の下、見間違うことの無いあの山容、間違いなく槍です。

2018_0714_07291800

2度目の雪渓渡りです。さっきと比べてすこし距離があります。

2018_0714_07345600

気が付くと斜度もきつくなってきました。それにしても槍が見えてからが長い… 幕営地点を出発してから早くも2時間30分が経過。

2018_0714_08384800

殺生ヒュッテまで後少し、とっいった所で3度目の雪渓渡りです。

2018_0714_08414800

雪渓を渡ったら、整えられた石の上を進んで行きます。

2018_0714_08514100

昨日、辿り着けなかった殺生ヒュッテに到着

幕営地点を出発して、2時間50分。やっとこさで殺生ヒュッテに到着です。長かった… 昨日、野営しといたのは正解だったと思いました。昨日のペースだと恐らくここまで4時間近くかかったと思います。

2018_0714_08552100

殺生ヒュッテから見る穂高連峰。

2018_0714_09085200

虫の様に小さくヘリが写っています。遠くには富士山も頭を覗かせています。

2018_0714_09084100

疲れた体を癒すべく、ペプシコーラを購入。最強のドーピング剤です。

2018_0714_08583600

槍を眺めながらヒュッテ前のベンチでしばし休憩です。

2018_0714_09091700

今度は槍ヶ岳山荘を目指して出発

休憩を取ったら槍ヶ岳山荘を目指して再び出発です。

2018_0714_09381100

 小さい花。やっぱり名前はわかりません。

2018_0714_09393700

ジリジリと太陽に腕を焼かれながら、徐々に槍ヶ岳との距離を詰めていきます。

2018_0714_09475300

この季節、この気温で残っている雪渓。よくよく考えると不思議なもんです。

2018_0714_09480800

槍ヶ岳と高山植物。かなりしんどくなってきました…

2018_0714_10010000

やっとの思いで、槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳の分岐に到着。一旦、槍ヶ岳山荘側に上がります。

2018_0714_10173800

いよいよ山頂を目指して

そして槍ヶ岳山荘に到着。槍ヶ岳山頂まであと少し。

2018_0714_10211000

呼吸を整えたら、あの頂上を目指して出発です。

2018_0714_10214200

手足を使ってがっつり岩場を登っていきます。その為、写真はありません。

2018_0714_10294700

なんとか鎖場や最後の梯子もクリア、上高地から延々と歩き、登り続け、ついにやってきました。

2018_0714_10505900

そして槍ヶ岳 山頂へ

槍ヶ岳山頂です。遠かった… 長かった…

2018_0714_10542200

槍ヶ岳山頂から見る穂高連峰。美しいです。

2018_0714_10514800

山頂から槍ヶ岳山荘を見下ろしたところ。かなり高度感あります。高い所が苦手な人は大変かも知れません。

2018_0714_10513900

穂高連峰のアップ。山肌に残る雪が綺麗です。

2018_0714_10560400

こちらは真ん中に常念岳。

2018_0714_10522900

遥か遠くまで見渡せます。山頂は10人ちょっとくらいが過ごせる広さでしょうか。

2018_0714_10565100

15分ほど山頂を堪能したら、槍ヶ岳山荘まで降ります。

2018_0714_11263800

無事、槍ヶ岳山荘まで降りてきました。

2018_0714_11273000

槍ヶ岳と常念岳のツーショット。あの頂きに登ったと思うと感慨深いものがあります。

2018_0714_11303200

槍ヶ岳山荘から見る、裏銀座の山々。

2018_0714_11284300

槍ヶ岳山荘近くに咲いている高山植物。

2018_0714_11312100

よく、こんな場所に咲くもんです。

2018_0714_11313900

可憐に見えるのとは裏腹に、厳しい環境で生きる逞しさがあるのかも知れません。

2018_0714_11321400

槍ヶ岳山荘前のベンチで休憩。行動食で腹を満たし、水分補給です。

2018_0714_11351400

ここからは槍ヶ岳を間近に見ることができます。

2018_0714_11400000

下山開始

名残惜しいですが、そろそろ下山開始です。今日は横尾山荘、あわよくば徳沢園まで下りる予定です。

2018_0714_12031500

下山開始、セスナとジャンボジェット機が槍ヶ岳の上を飛んで行きます。

2018_0714_12084600

槍ヶ岳山荘が小さくなってきました。

2018_0714_12102700

無事、殺生ヒュッテに到着です。

2018_0714_12305200

ここでなんと本日2本目のペプシコーラ。さっきのはドーピング。これはご褒美といった位置付けです。

2018_0714_12365500

ペプシコーラ片手に槍ヶ岳を見上げながら、しばし休憩。息を整えたら、再び下山開始です。

2018_0714_13055200

殺生ヒュッテから横尾山荘へ

下山中、何度となく後ろを振り返りました。そこには槍ヶ岳の雄姿が。

2018_0714_13382700

そして、これが槍ヶ岳、最後の雄姿になります。これで槍ヶ岳は見納めです。

2018_0714_13502600

幕営地点に到着

幕営地点に到着です。ここからがまた長かった… この時点で本日の目的地は徳沢を諦め、横尾山荘にしています。

2018_0714_14504300

ババ平をすっ飛ばし、槍沢ロッジに到着。水分補給だけして先を急ぎます。とは言っても、休み休みでないと既に動けなくなってますが…

2018_0714_16553000

それでも汗だくになりながら梓川沿いを進んで行きます。

2018_0714_17141400

横尾山荘に無事、到着

疲れ果てました… なんとか明るい内に横尾山荘に到着です。帰りは行きにも増してヘトヘトなのでほとんど写真がありません… 山荘で受付を済ませたら、とっととシェルターを張って20時前には就寝です。長い1日がこうして幕を閉じました。

2018_0714_18204400

最終日、横尾山荘から上高地へ

翌朝、5時くらいに目を覚ましました。相変わらずグダグタしながら出発の準備です。今日は3時間程度の行程で上高地まで降りるだけなのでかなり気楽です。体力も十分回復しました。

2018_0715_06203400

【3日目】

07/15(日)

  • 06:30発 横尾山荘
  • 07:50着 徳沢園
  • 08:43着 明神館
  • 09:40着 河童橋

身支度を整え、撤収準備が完了したら、横尾山荘を出発です。

2018_0715_06344000

小一時間ほどで徳沢園に到着。連休中日といったこともあり、なかなか賑わっていました。

2018_0715_07571400

色とりどりのテント。昨日、あと1時間頑張って徳沢まで降りてこれたら… 芝生の上で眠れて、朝シェルターも乾かせたんですが… ちょっとだけ残念です。。

2018_0715_07581800

明神館に到着です。ここまで戻ってくると観光客の人達も沢山います。

2018_0715_08440400

河童橋に帰還

そして無事、河童橋に帰還です。ちょうどここでカメラのバッテリーも無くなり、これが最後の写真となりました。休日の河童橋と焼岳。この景色を見るとすこしほっとします。メチャクチャ疲れましたが、いい山行でした。

2018_0715_09402800

まとめ

それにしても天候に恵まれた三日間でした。そのお陰で日焼けが、かなり酷いことになりましたが。。今回、槍ヶ岳を登るのに最も一般的な槍沢ルートを選択しましたが、中々の距離感でした。上高地から槍沢ルートを一泊2日で登るのは健脚者でないと、かなり大変かと思います。とは言え、このルートは危険箇所も無く、登山道も良く整備されているので余裕を持って二泊3日の行程を組めば冬季、残雪期を除いて、ほとんどの人が槍ヶ岳に登ることができると思います。(自分はヘトヘトでしたが…)

7月、北アルプスで最高の3日間を過ごせました。この時期、風呂に入れないのは辛いものもありますが、それを差し引いても最高の3日間でした。次の北アルプスは来年のGWに、残雪の奥穂高岳を再び目指したいと思います。