さばいばりずむ

資本主義社会で生き残るためにAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、来るべき世界の終末に備えて山や川に行ってます。

【登山】憧れの槍ヶ岳へ 前編(北アルプス)

梅雨が明けてからびっくりするような猛暑が続いています。そんな中、07/13(金)~07/15(日)の3日間で北アルプス槍ヶ岳に行って来ました。お陰様で日焼けがひどいことになってますが、最高の3日間になりました。

2018_0714_13382700~01

f:id:mtk2:20180721114415j:image

上高地バスターミナルから出発

ゴールデンウィークぶりの北アルプスです。前回同様、松本市営第2駐車場(足湯公園)で前泊してタクシーで上高地バスターミナルに向かいました。

車の中で起きてから、うだうだしていたせいで上高地バスターミナルに着いたのは8時過ぎになってしまいました… せっかくなのでもうちょっと早く着けるといいんですが…

2018_0713_08190800

三連休の1日前なのでまだ人もまばらです。ゆっくり目のスタートになりましたが、身支度を整えて出発です!

2018_0713_08282500

【1日目】

07/13(金)

  • 08:28発 上高地バスターミナル
  • 09:22通 明神館
  • 10:13着 徳沢園
  • 10:20発 徳沢園
  • 11:24着 横尾山荘
  • 11:57発 横尾山荘
  • 12:57通 一の俣
  • 13:06通 二の俣
  • 13:37着 槍沢ロッジ
  • 14:17発 槍沢ロッジ
  • 14:51通 ババ平
  • 15:36通 槍沢大曲り
  • 16:32着 幕営地点

梓川に架かる河童橋

ゴールデンウィークぶりの河童橋。連休を1日フライングすると、空いてていいですね。明日は凄いことになってそうです。

2018_0713_08371400

河童橋をすぐ越えたところに油絵と画材道具が… なんとも言えない良い雰囲気です。

2018_0713_08403700

朝焼けの宿 明神館

スタートから1時間程度で明神館を通過。爽やかな朝です。

2018_0713_09221800

こういった景色を見ると上高地に来た実感が湧きます。

2018_0713_10014200

氷壁の宿 徳沢園

明神館から小一時間程度で徳沢園に到着。ここでちょっと小休止です。

2018_0713_10203600

目の前のキャンプ場。連休前なのでがらがらです。明日には色とりどりのテントで一杯になると思います。

2018_0713_10133500

下界との境界線 横尾山荘

スタートから約3時間。順調に横尾山荘に到着です。ゴールデンウィークに来たときの記憶も鮮明なので、前回より近く感じました。ここからは完全に登山者だけになります。

2018_0713_11244900

横尾大橋です。ゴールデンウィーク時にはこの橋を渡って涸沢方面に向かいました。今回は槍を目指すので梓川に沿って北に直進です。

2018_0713_11253200

昼食をとったら横尾山荘を出発です。ここからは初めて歩くルートです。

2018_0713_12150700

一の俣を通過

横尾山荘後も序盤はほぼ平地を歩きます。

2018_0713_12573700

美しい渓流。

2018_0713_13001600

木の橋で渡ったりします。

2018_0713_13043900

二の俣を通過

二の俣を通過です。槍沢ロッジまであとちょっと。

2018_0713_13060800

梓川沿いに進んで行きます。

2018_0713_13074000

槍沢ロッジに到着 

スタートから5時間、槍沢ロッジに到着です。流石に疲れが出てきました。ここでも小休止。行動食で腹を満たし、水分補給です。

2018_0713_13374900

ベンチに座って休んでいると、なぜか頭の上にカミキリムシが落ちてきました。

2018_0713_14062600

休憩後、次のババ平を目指して出発です。すると目の前に望遠鏡が… 槍が見えるそうです。

2018_0713_14165400

確かに槍の穂先が!しかし、遠いっ!

2018_0713_14172700

カメラでズームしてみました。はっきりと槍が見えます。

2018_0713_14175100

残念ながら、まだまだ槍まで距離があることが解りました… 地図を見てるんで元から解りきっていることではありますが… 気を取り直して出発です。花に癒されながら進んで行きます。この花はニッコウキスゲでいいんでしょうか?いまいち自信がありません。

2018_0713_14222000

キャップのひさしから摂取した水分が汗となって滴り落ちます。すでに頭の中は空っぽです。元からと言えば元からです。

2018_0713_14291700

ババ平キャンプ場へ到着

なんとか余力を残してババ平に到着です。本日の行程がここまでの登山者はここがキャンプ地になります。小屋泊まりの人はさっきの槍沢ロッジが本日の宿になります。

2018_0713_14524100

なんだかんだと上高地からずいぶん歩いてきました。まずは水分補給です。

ここで一つの意思決定をしなければなりません。このまま進んで次のキャンプ地、殺生ヒュッテを目指すか、それとも、ここを本日の幕営地とするか?健脚の登山者は初日に殺生ヒュッテまで登っていきます。ここを本日の幕営地とした場合には2日目の行程が長くなります。現在時刻は15時ちょっと前、微妙な時間です。。当初予定は殺生ヒュッテまで行く予定でした。結果、悩んだ末に殺生ヒュッテを目指すことに!

2018_0713_15083400

そして槍沢大曲りを通過

ここら辺はガレた登りなので地味に体力を削られます。

2018_0713_15360400

前方には雪渓が見えます。北アルプスって感じです。

2018_0713_15483700

振り返ると太陽が山肌を照らしています。

2018_0713_15501700

雪渓が近づいてきました。緑と白のコントラストが綺麗です。それにしても疲れました… 初日に殺生ヒュッテまで登れる人はかなり体力があると思います。。進んでおいてなんですが、殺生ヒュッテまで登れるか、ちょっと怪しくなってきました。。

2018_0713_16041900

30分ほど登って時刻は16時30分。夏なので日が落ちるまでにまだ2時間くらいあります。ここから殺生ヒュッテまでの標高差はあと600mくらいでしょうか。ここならすぐ脇に天然の水場があります。体はかなりバテています。。進むか?留まるか?残りの体力を考えた結果、殺生ヒュッテを諦め、ここを本日の幕営地としました。あんまり褒められたもんじゃないですが… 翌日もあるので消耗し切らないのが1番です。ゴールデンウィークに奥穂高岳をスタミナ切れで途中撤退して学びました。

2018_0713_16325500

本日の幕営地

そうと決めれば明るい内にとっととシェルター設営です。17時過ぎには身支度等、諸々を含め完了です。先日買ったヘリテイジ ストックシェルターの実戦投入となりましたが、流石に設営はあっという間です。おかげで明るい内に時間が大量に確保できたので心に余裕ができました。何気に山はスケジュールがタイトで忙しいと思います。。

2018_0713_17144800

食事を摂ったら眠気がくるまでシェルターの外でダウンを羽織って、ぼーっと山や星空を眺めていました。昔の人はこの星空を見てどう思ったんでしょうか。当たり前過ぎて何も思わなかったんでしょうか?それとも神聖な何かを感じてたんでしょうか。何気に未来の事より、過去の方が気になります。しばらくすると眠気がやってきました。体力を回復させるには十分な時間があります。シェルターに潜り込み、明日に備えて就寝です。

2018_0713_20343500

まとめ

槍ヶ岳初日、殺生ヒュッテまで辿り着けなかったのは想定外でした。。見通しが甘いと言えばそれまでですが… 健脚者でないと初日に殺生ヒュッテまで行くのは無理ですね。。仮に無理して辿り着いたとしても2日目への影響がでかそうです。安パイを取って不意の野営としましたが、体力は十分に回復できそうです。いよいよ山頂を目指す後編へと続きます。

後編の記事はこちら。