さばいばりずむ

資本主義社会で生き残るためにAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、来るべき世界の終末に備えて山や川に行ってます。

【登山】霊峰 男体山 標高差1200mを登る男の修行(日光)

仰々しいタイトルですがゴールデンウィークに奥穂高岳をスタミナ切れにより、途中撤退した反省から、今回は体力トレーニングを兼ねて円錐形の山容が美しい男体山に行って来ました。日本百名山の一座でもあります。男体山は古来から山岳信仰の対象で標高差1200mをひたすら登ることになります。因みに男体山の場合、登山ではなく、登拝と言うそうです。毎年五月五日が山開きで、信仰上の理由からでしょうか、冬季は入山禁止になっています。

2018_0603_12542400f:id:mtk2:20180610141938j:image

二荒山神社中宮祠に到着

前日はいろは坂近くの駐車場で車中泊し、朝一で二荒山神社中宮祠の駐車場に向かう筈でしたが、まんまと寝過ごしてしまい、二荒山神社中宮祠の駐車場に着いたのは結局、朝9時前に。。あまり車中泊した意味がない…

2018_0603_08564100

二荒山神社の奥に見えるのが今回、登拝する男体山。登り応えがありそうです。

2018_0603_08584000

神社内で登拝受付

神社内で簡単な登拝届けと登拝料の支払いをします。登拝料は500円で頂上までの簡単な地図とお守りが貰えます。

2018_0603_09104500

受付を済ませ、身支度を整えたら9時10分、いよいよ登拝スタート。

2018_0603_09134400

【本日の工程】

  • 09:10発 二荒山神社中宮祠
  • 09:17通 一合目
  • 10:15通 四合目
  • 10:39通 五合目
  • 10:55通 六合目
  • 11:33通 七合目
  • 12:04通 八合目
  • 13:23着 男体山頂上
  • 14:02発 男体山頂上
  • 14:33通 八合目
  • 14:56通 七合目
  • 16:07通 四合目
  • 16:43通 一合目
  • 16:49着 二荒山神社中宮祠

まずは一合目へ

一合目まではあっという間です。時折吹く風が冷たくて気持ちいいです。しかし、二合目が見えてきません… いつの間にか、がっつり登りになります。

2018_0603_09171300

二合目を発見できないまま、林道に出ました。二合目の標識は見落としたのか、初めからないのかも知れません。

2018_0603_09521300

少し開けた所から中禅寺湖が見下ろせます。ここからだとまだ高度感はありません。

2018_0603_09581800

林道をテクテク歩いて行きます。立ち上がりの急登で息があがっていたので呼吸を整えるには丁度いい感じです。

2018_0603_09590900

林道歩きを終えて四号目へ

20分ほど林道を歩いていくと再び登山道の入り口が現れました。どうやらここが四合目の様です。二合目、三合目はいつの間にか通過したんでしょうか。

2018_0603_10155200

鳥居をくぐり、再び登山道に入ります。

2018_0603_10174000

すぐに四合目を示す、石碑があります。

2018_0603_10185600

それにしても天気に恵まれました。新緑が眩しいです。名前は知りませんが白い花が沢山、咲いていました。

2018_0603_10275400

真ん中の五合目

息を切らしながら、なんとか五合目に到着。ここまで1時間30分。まだまだ先は長い!

2018_0603_10391900

ここからが正念場の六合目

ここら辺から、かなり辛くなってきます。しばらくガレ場が続き、場所によっては手も使って登っていくことになります。

2018_0603_10551400

背後には中禅寺湖。だいぶ高度感がでてきました。この景色がせめてもの救いです。

2018_0603_11212700

ヘトヘトになりながら七号目

ガレ場が続きます。ここまで2時間23分。

2018_0603_11335500

そして背後には中禅寺湖。周りの木々も、だいぶ背が低くなってきました。

2018_0603_11401400

心が折れそうな八合目

なんとか八合目に到着。正直、かなりしんどいです。。

2018_0603_12040600

八合目の石碑。ここがゴールでいい様な気がしてきました。2018_0603_12041700

心と体にムチ打って先に進みます。やっとガレ場も終わり、ここからは少し緩やかになった登山道を登って行きます。

2018_0603_12240100

森林限界を越えて

すると、開けました!森林限界突破です。

2018_0603_12530800

前方に遮るものはありません。ただ赤土の斜面と青い空があるのみ。

2018_0603_12542400

背後には中禅寺湖が一望できます。

2018_0603_12584900

溶岩の塊。男体山が火山であることを伺わせます。

2018_0603_13043800

最後のビクトリーロードを登って行きます。

2018_0603_13012000

そして… 山頂に聳え立つ何か…

2018_0603_13104400

あれは(`・ω・´;)!?2018_0603_13113200

 

・・・

・・・

・・・

二荒山大神 (`・ω・´)! 

_20180606_083315

そして山頂へ

13時23分、登拝開始から4時間13分で、やっとこさで山頂へ到着しました。写真は二荒山神社奥宮です。左側には先程の二荒山大神が祀られています。

2018_0603_13231800

天気にも恵まれ、山頂からは周りの山々が綺麗に見渡せます。前方の山は女峰山でしょうか。

2018_0603_13174900

奥宮の北西にある太郎山神社です。

2018_0603_13191300

東側の展望です。

2018_0603_13242400

大剣の突き刺さるあの岩場が真の山頂です。

2018_0603_13321300

皆さん、思い思いに写真を撮っています。

2018_0603_13294200

岩場から見た二荒山神社奥宮。山頂は広くゆっくり過ごせます。

2018_0603_13275700

奥宮の横で昼食と休憩にしました。

2018_0603_13325400

ありがとう!男体山

昼食と休憩を終え、14時 下山開始です。せっかく苦労して登ってきたのに、これから下山しなくちゃならないのが、すこし勿体ない様な気もしますが、東京に帰らなければなりません。

2018_0603_14025900

中禅寺湖を望みながら下山開始です。

2018_0603_14042300

あっという間に八合目です。

2018_0603_14331200

中禅寺湖が近づいてきました。

2018_0603_14432400

七合目です。ピストンなので途中は端折ってしまいます。

2018_0603_14563200

あれよあれよと四合目です。

2018_0603_16073800

見覚えのある一合目へ。

2018_0603_16435700

登山口が見えてきました。

2018_0603_16480600

16時49分、無事、二荒山神社中宮祠に下山完了です。

2018_0603_16494100

まとめ

男体山、登り応えがありました。延々と登っていく山だと2014年11月に登った丹沢の塔ノ岳を思い出します。まだ登山を始めたばかりの頃だったので、大倉尾根(通称:バカ尾根)を登っていくのが、えらくキツかった記憶があります。男体山は水平移動距離が少ない分、斜度がきつく、塔ノ岳とはまた違ったキツさがありました。さすが修行の山に選ばれるだけのことはあります。ともあれ、なんとか山頂に辿り着き、何事もなく無事に下山できたので良かったです。6月、梅雨の合間を縫って、あともう一回くらいどこかに登りに行けたらと思います。