さばいばりずむ

資本主義社会で生き残るためにAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、来るべき世界の終末に備えて山や釣りに行ってます。最近、多肉植物と投資信託はじめました!(`・ω・´;)

【備え】米軍 パップテント(ハーフシェルター)試し張り

野営、防災用に米軍のパップテント(ハーフシェルター)後期型を入手したので試し張りをしてきました。最近、人気があるらしく3万近い金額で取引されることもあるみたいですがミリタリーショップのネット通販で¥16800で入手できました。ポール、ペグ付きです。

2017_0430_11580700

パップテントと付属品一式

本体と付属品一式です。えらく薬品臭いです。因みに軍放出品の寝袋なんかで明らかに臭い場合は死体袋で使われていた可能性が有るので避けた方が良いとかなんとか。真相は不明。

2017_0430_11232100

パップテントの立ち上げ方

2枚の幕をホックで繋ぎ合わせます。

2017_0430_11282400

向かって奥の長辺3ヶ所をペグ打ちします。

2017_0430_12123000

パラコードを張ってポールを差し込み片側を立ち上げます。

2017_0430_11381000

ポールの差し込み口です。

2017_0430_12113900

パラコードの結び目です。

2017_0430_12121300

反対側も同じ要領で立ち上げます。

2017_0430_11402600

手前側の長辺と両サイドをペグ打ちします。

2017_0430_11511900

パップテント設営完了

立ち上がりました。ペグは本体に8本、両サイドのパラコードにそれぞれ1本の計10本です。

2017_0430_11514000

反対側からのアングル。

2017_0430_11515800

片側を開いてみました。

2017_0430_11580700

遮光性は十分です。

2017_0430_11594000

通常の使い方はこんな感じでしょうか。

2017_0430_12001600

夏の低地では地獄の様な暑さになりそうです。

2017_0430_12062200

かすれたユナイテッド・ステイツの文字。

2017_0430_12110100

撥水スプレーをかけて、中で一服してから撤収作業。テントを張る前よりコンパクトに畳めた気がします。

2017_0430_12315900

まとめ

純正のペグは嵩張って重いのでスノーピークのソリッドステークに変えたいと思います。あとはお決まりの側面オープン化をしたいですがミシンとアイロンを持っていないのでどうしたものか… 手縫いか、近所の手芸店を探すか… おいおい何とかしたいと思います。

テントは山登り用やタープなどを既に持ってますがコットン素材は初めてです。野営や防災の観点で言えばやはり耐久性が重要になるかと思います。最大のメリットは火に強いこと。これで焚き火との距離が近くなります。それが一番の楽しみです。