さばいばりずむ

現代社会で生き残るためにAmazonやセブンイレブンで買い物をしたり、来るべき世界の終末に備えて山や川に行ってます。

【登山】GW 北アルプス 残雪の涸沢 1/3(上高地~涸沢ヒュッテ)

ゴールデン・ウィーク前半。04/27(金)~04/29(日)で初めての北アルプスに行って来ました。04/26(木)は松本市営第2駐車場(足湯公園)で前泊です。今回は奥穂高岳を登る予定でしたが残念ながら途中撤退。。次回は体力を付けて体調を整え再チャレンジしたいと思います。奥穂高岳には登れませんでしたが、それでも残雪の涸沢カールは最高でした。

2018_0427_16062700~01

上高地バスターミナルから出発

松本市営第二駐車場(足湯公園)で前泊してた訳ですが東京から4時間近く運転してきたせいか、目が覚めてしまって全然眠れない! そのせいか朝方も車の中でウダウダ… 6時出発予定が結局、8時になってしまいました…

2018_0427_07570200

【1日目】

04/27(金)

  • 07:57発 上高地バスターミナル
  • 08:11通 河童橋
  • 09:04通 明神館
  • 09:50通 徳沢園
  • 11:06着 横尾山荘
  • 12:24発 横尾山荘
  • 14:07通 名前のわからない吊り橋
  • 15:08通 横尾本谷
  • 17:08着 涸沢カール

生憎の曇り空ですが、いよいよスタートです。GW1日前なので閑散としてます。

2018_0427_08011900

これぞ上高地といった感じです。奥に河童橋が見えます。

2018_0427_08103800

梓川に架かる河童橋

河童橋に到着。ここまでは10分程度でこれます。

2018_0427_08115600

よく見る河童橋のアングル。

2018_0427_08124600

河童橋から川下には焼岳が見えます。

2018_0427_08131900

河童橋から川上には穂高連峰。

2018_0427_08141100~01

河童橋を後にして小梨平キャンプ場を通過します。

2018_0427_08210400

梓川沿いをゆっくりと歩いて行きます。

2018_0427_08514000~01

朝焼けの宿 明神館

1時間程で明神館に到着です。

2018_0427_09045200

 荒涼とした上高地。

2018_0427_09091300

かと思えば樹林帯は生命感に溢れています。

2018_0427_09241900

普段、見ることがない景色。曇り空がすこし残念ですが…

2018_0427_09433700~01

氷壁の宿 徳沢園

2時間程で徳沢園に到着。さっきの明神館もそうですが、ネーミングがナイスです。

2018_0427_09504900

徳沢園のキャンプサイト。GW1日前なので、ほぼ独占状態です。

2018_0427_09510200

次のポイント、横尾山荘まで3.9km。あと1時間程です。

2018_0427_10101000

徳沢園脇を流れる小川を後にして進みます。

2018_0427_10110500

新村橋との分岐。

2018_0427_10221000

再び、梓川沿いに出ます。

2018_0427_10520300~01

下界との境界線 横尾山荘

スタートから3時間で横尾山荘に到着。コースタイム通りです。ここまでくるとほぼ一般の観光客はいなくなり、ここからは登山者だけになります。水の補給をして昼食です。持参した棒ラーメンを頂きす。

2018_0427_11064500

がっつり1時間半ほど休んでしまいました… 休み過ぎです… いよいよ横尾大橋を越えます。この橋を越えるのは登山装備がある人のみです。この時期はまだ雪山装備が必要になります。

2018_0427_12242100

横尾大橋を越えて進んでいきます。

2018_0427_12393600

しばらく行くと樹林帯の中、残雪がでてきます。

2018_0427_13050600

圧倒的な屏風岩

この大きな屏風岩を巻いて横尾本谷の出合いから涸沢を目指します。それにしてもデカイ。2018_0427_13154000

だいぶ巻いてきました。

2018_0427_13513300

所々に雪渓です。

2018_0427_13535700~01

まだ続く屏風岩。ここらですこしバテてきました。睡眠不足です。。

2018_0427_13551300~01

名前のわからない吊り橋

14時過ぎ、吊り橋に到着です。この吊り橋に名前はあるんでしょうか?

2018_0427_14071200

吊り橋を越えた所でアイゼンを装着。ここからは雪山になります。左前方を登っていく形になります。

2018_0427_14072500

横尾本谷

やっとこさで横尾本谷との分岐に到着。横尾大橋を越えてからすでに2時間半。かなりペースが落ちてます。バテバテです。

2018_0427_15081400

横尾本谷を背に涸沢カールを目指します。

2018_0427_15132200~01

かなりきつくなってきました。水分を補給したり、行動食を摂ってもいまいち回復しません。そもそも行動食あまり食べられません…

2018_0427_15414600

涸沢ヒュッテを発見!?

バテバテの体を引きずり、なんとか前に進みます。すると前方に涸沢ヒュッテの屋根らしき物体を発見!

2018_0427_15533700

振り返ればいままで必死に登ってきた道。

2018_0427_15554800~01

少し登っては休んで、すこし登っては休んでの繰り返しで体を引きずり上げます。かなり泣きが入ってます。涸沢ヒュッテが見えてからが長い!救いなのはこの景色の美しさのみ。時折射す太陽の日射しが肌を焼きます。

2018_0427_16062700~01

いよいよ最後の登り。前方には奥穂高岳。

2018_0427_16570800

やっとの思いで辿り着いた涸沢カール

17時8分、やっとの思いで涸沢カールに到着。正直、バテました。横尾を出発してから約4時間40分。体力の限界です。。

2018_0427_17080900

右側には涸沢小屋。

2018_0427_17073500

背後の東側には青空が広がっています。

2018_0427_17072500~01

そして暗雲に飲まれる

早く休みたい一心でちゃっちゃとテントを設営。なにやら雲行きが怪しくなってきました。

2018_0427_18094800

奥穂高岳山頂も雲につつまれ始めました。天気が崩れるんでしょうか。

2018_0427_18100900

自然に対して無力なのは重々承知しているので、とっとと設営料を払いに涸沢ヒュッテへ。ヒュッテのテラスから見る東側の空はうっすらと夕焼け色に。西側の空とはエライ違いです。

2018_0427_18213100

明日の天気はどうなることやら。そもそもこんなに消耗してて、明日、本当に奥穂高岳に登れるんでしょうか?とりあえずバテバテなので19時半には晩飯も食べずにシュラフの中へ。ふと気が付くと雪が降ってます。一抹の不安を胸に2日目へと続きます。

2日目の記事はこちら。